2008/4/29 火曜日

新聞記事から見る脱税事件3

Filed under: 藤澤公貴ブログ — hayashi @ 22:16:42

不動産業や金融業を営んでいた父親から相続した現金など計約59億3000万円を隠し、相続税約28億6000万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は11日、長女で不動産会社社長・清水初枝(64)、四女で同、石井淑子(よしこ)(55)(いずれも大阪市生野区)の両容疑者を相続税法違反容疑で逮捕し、大阪国税局と合同で自宅など10か所を捜索した。

 現金の大半は、段ボール箱に入れ、清水容疑者の自宅駐車場などに隠していたという。同国税局によると、相続税の脱税額としては全国で過去最高。

 調べでは、2人は2004年10月に死亡した父親(当時87歳)の遺産が少なくとも75億円以上あったのに、約58億円の現金を清水容疑者の自宅に隠したうえ、関係法人に対する貸付金1億3000万円を申告せず、相続税を免れた疑い。姉妹は遺産額を約16億円と申告。家族8人で相続税5億円を納付していた。

 申告手続きは両容疑者が行い、他のきょうだいは申告額以外に遺産があることを知らなかったという。調べに対し、清水容疑者は「現金を保管していることを忘れていた」、石井容疑者は容疑を認めているという。

 父親は生前、金融業を足がかりに事業を展開、8社の不動産賃貸会社を大阪市内に設立。中央区などにマンションなどの不動産を所有する一方、過去には映画館などにも手を広げ資産を築いた。相続税を巡る脱税事件では、「トモエタクシー」(大阪府守口市)元社長による24億9000万円が過去最高だった。

(2008年3月11日 読売新聞)

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

Copyright (C) 2007 - 藤澤経営税務会計事務所 - FUJISAWA TAX ACCOUNTANT OFFICE. All rights reserved.