2008/5/16 金曜日

電子申告がこれからはお得!?

Filed under: 新着情報, 藤澤公貴ブログ — hayashi @ 14:40:43

 電子申告とは、紙媒体で提出していた確定申告書を電子的な方法により提出することですが、皆様、既にご存知だと思います。国税庁も力を入れて広告宣伝を行なっておりますし・・・。今後、行政システムのスリム化のため、はたまた申告による膨大な紙資源の省エネ化を考えれば、積極的に行う必要があることはよく理解できます。

 当事務所でも、昨年よりまず私自身の申告を電子申告をしてからお客様に導入しようと思いはじめました。最初の手続きに比べ今は格段に便利になりましたが、相変わらず国税庁のシステムであるe-Taxソフトは使いにくいですね。まず今年は、2月の法人の申告から電子申告に切り替え、3月の個人の確定申告はご理解いただいたお客様はほぼすべて電子申告により提出を行ないました。4月の法人もほぼ電子申告で行いました。この時は、地方税の電子申告システムであるeLTAXにもチャレンジしました。

 ところで、目先この電子申告も税務署が申告書を郵送する手間と提出された申告書をインプットする手間が省けるためで他にメリットがないのかなあと思いつつ消極的でしたが、それ以上に消極的な理由だったのが銀行への提出のためということがありました。銀行は提出された申告書に税務署からの収受印が押されていることを求めていたため、電子申告になると収受印はなく受信通知がくるだけなので難しいなあと思っていました。そんな銀行業界にあって、三井住友銀行が他の銀行に先駆けて以下のような融資制度を行なうことを発表しました。

「三井住友銀行は6月から、インターネットを通じて税務申告する中小企業に対して貸出金利を優遇するサービスを始める。利用企業に対して最大で金利を年0.2%優遇。9月までは手数料も軽減する。電子申告の利用企業に金利を優遇するのは大手行で初めて。初年度に約5000社の利用を見込む。日本経済新聞 05/03」

 三井住友銀行の融資の名前は、Webレポートローンといいます。このWebレポートローンは、平成20年6月2日からサービス開始となります。通常の「ビジネスセレクトローン」対比で最大0.2%優遇した金利を適用してくれるそうです。詳しくは、Webレポートローンをクリックしてください。

 今後、電子申告の利用を促進する上で、いろいろなお得な制度が出てくるかもしれません。いっそう、電子申告が進むものと思われます。しかし、まだまだ出来たばかりの制度ですので、セキュリティーも含めよりいっそうの改善をお願いしたいです。 

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

Copyright (C) 2007 - 藤澤経営税務会計事務所 - FUJISAWA TAX ACCOUNTANT OFFICE. All rights reserved.